アプリ開発して自分用の仕事効率化アプリを作成

アプリ開発して、自分用の仕事効率化アプリを作りました。
私の本業はアプリ開発ですが、副業として会計データの入力を担当しています。



輸入業者であり、仕入れをドルやユーロで行っているのですが、会計ソフトへの入力は円価に換算して入力しなければならないのです。


また、会計ソフトでは円価だけで取り扱っていますが、実際には、ドルやユーロでの価格も知りたいということがあるので、仕事効率化アプリを作ることにしたのです。

アプリ開発としては、とても簡単なものです。

ただのレート換算をしたり、2つの通貨での入力をサポートするだけですから、難しいわけではありません。

有名なエキサイトニュースの専門知識を身につけましょう。

ただし、これだけの機能でも、入力の2度手間を避けられるので、仕事効率化アプリとしてはとても役立つものになっています。

用途は限られますし、面白味もありませんが、実用性は抜群です。
自分用に作ったので、雑な作りですが、自分の欲しいデータを確保できますから、とても良いものが出来たと思っています。


副業でデータ入力をやっている会社の人にもとても喜ばれています。


営業の方などは出先から、私の使ったアプリを使いたいという要望も出ていますが、そこまでは対応させていません。


あくまでも、自分用なら作りが雑でも構いませんが、他の人が使うとなると、このままでは色々と不都合が生じてしまうからです。

他の人も使うとなると、使い易くしないと駄目なので、なかなか面倒なのです。



バグなどは全てなくすようにしなければならないからです。